【解説あり】小説家になろうの小説で打線組んだwwwww

アニメ・漫画
02 /14 2017
1: 名無しさん 2017/02/12(日)14:05:31 ID:DA3
チート・スキル・ステータスを前面に押し出した
作品は苦手なんで読んでない。
それらがほぼ入ってない作品を選んでる。

1 右 悪魔のような公爵一家
2 一 異世界薬局
3 捕 異世界居酒屋のぶ
4 遊 異世界落語
5 二 ティタン ~アッズワースの戦士隊~
6 中 異世界食堂
7 三 ヒーローミマン
8 左 風呂場女神
9 投 辺境の老騎士




2: 名無しさん 2017/02/12(日)14:06:22 ID:HCB
こういうスレ見るとなんだかんだ言われつつ読んでる人たくさんいるんだなって思う

17: 名無しさん 2017/02/12(日)14:24:43 ID:DA3
>>2
何だかんだ言って投稿数多いと良い作品も出てくるからね

3: 名無しさん 2017/02/12(日)14:08:10 ID:DA3
1 右 悪魔のような公爵一家 完結済み 書籍化作品

勘違いギャグもの。
恐ろしく顔が怖いがやさしく繊細な公爵とその家族のハートフルコメディ。

比較的コンパクトに纏まっており、一つ一つのエピソードが
最終的に大きな流れに繋がっていく構成は完成度が高い。
馬鹿馬鹿しいギャグを楽しみたい人はお勧め。

4: 名無しさん 2017/02/12(日)14:09:09 ID:DA3
2 一 異世界薬局 連載中 書籍化・コミカライズ作品
異世界の貴族家に転生した薬学者の物語。
自身の薬学知識を活かして似非医学のはびこった帝都市民の
平均寿命を10歳引き上げることを目標に調剤薬局を立ち上げる。

今回挙げた作品の中では珍しくチート能力があるが、
そのチート能力が何故手に入ったのかを含めた、その世界の仕組み・謎に
迫ろうとしているストーリーラインを構築して、他の異世界モノが
避けようとしている「チートの正体」をストーリーに組み込むことで
単なるご都合主義からは脱却している。

また、作品のもう一つの柱である主人公の医学知識が、
作者自身が現役の研究者なので非常にリアルで読み応えがある。
文章力もあって、シリアスとコメディのバランスも良いので
王道好きにお勧め。

5: 名無しさん 2017/02/12(日)14:10:13 ID:DA3
3 捕 異世界居酒屋のぶ 連載中 書籍化・コミカライズ作品 アニメ化予定

店の表が異世界「古都」の一角に繋がった居酒屋の話。
基本は客が見たことも無い異世界の料理と酒に舌鼓を打つ
オーソドックスな料理系の異世界話だが、構成力・文章力・キャラクタ描写が
高いレベルでバランスを取っている。

基本を一話完結の形にしながら、単行本1冊分を通すような主軸があって、
1冊分の終盤でそのストーリーが収束する形を取っており、
纏まりのいい人間ドラマが構築されている。

この構成力もあって、登場人物の人物描写がしっかり構築されているのも良い。
主人公?の店のタイショーなんかも
「今はもの珍しさで注目を浴びてるだけで、いつか飽きられるかも」
といった不安を抱えながら、味を古都のお客さんの方に向けようと努力する
描写があったりして、その他のキャラも概ね好感の持てるキャラクタ描写になっている。

6: 名無しさん 2017/02/12(日)14:11:01 ID:scd
君の膵臓をたべたい

8: 名無しさん 2017/02/12(日)14:11:57 ID:DA3
>>6
一時話題になったが読んでないなそれは。


5 二 ティタン ~アッズワースの戦士隊~ 完結済み 書籍化作品

指輪物語やウィズのような血生臭さと泥臭さを持ったハイファンタジー。
300年前の英雄である戦士ティタン、彼は我侭な女神によって蘇り、
戦士の名誉を失ったかつての故郷に失望する。
半ば捨て鉢のように死に場所を探しながら、300年前のような戦いを求めて
ウェアウルフやオーガとの戦いに身を投じる。

とにかく泥臭い作品。筋肉と突進と戦士の栄誉で作品の9割が構築されている。
だがその泥臭さが徐々に回りに伝播して行き、アッズワースの町が
戦士の町へと変わっていく様は読んでてアツくなってくる。

完結済み作品で、ラストの戦いはそれまでの集大成となっている。
アッズワースが一丸となって闘う様は一見の価値あり。
何でこの作品がなろうで掲載されたのか不思議になるレベル。

7: 名無しさん 2017/02/12(日)14:11:02 ID:DA3
4 遊 異世界落語 完結済み 書籍化・読みきりコミカライズ作品

異世界「ターミナル」にて手違いで救世主として召還された噺家の物語。
最初見たときは「噺家がどうやって世界を救うんだよww」と思ったが、
読んでみるとビックリするくらいストーリーがしっかりと構築されている。

この作品もチート要素はあるものの、「異世界薬局」同様にその正体を
ストーリーラインの主柱の一つとしている。
一つの噺で一エピソードという構成で、古典落語よろしく
オチまでの構成が各々しっかりと纏まっている。
題材が題材だけにコメディタッチの文章ではあるが、ストーリーは
真面目に・王道に進行する。

そして本作最大の特徴が山場での臨場感。ここぞと言う場面での文章表現の勢いが
迫ってくるような迫力を出している。主人公が本気を出す「ちりとてちん」の噺では
落語家はこんなにも格好いいものかと思うほど、
主人公の普段隠している落語への熱意とプライドが描写される。
良い意味で少年漫画のようなアツさを持ったコメディ作品という、
一度は読んでもらいたいお勧めNo.1 作品。

余談だが書籍版は設定以外は9割オリジナル展開で、構成も異世界居酒屋のように
1エピソード完結形式でありながら1冊分で纏まるストーリーラインになっている。
持ち前の構成力とアツさでweb版にも負けない面白さと臨場感があるのでこちらもお勧め。

9: 名無しさん 2017/02/12(日)14:13:26 ID:DA3
6 中 異世界食堂 連載中 書籍化・コミカライズ作品 アニメ化予定

一週間に一度、土曜の日のみ異世界の各地に現れる扉。
この扉の向こうにある「洋食のねこや」が舞台の作品。

たまに客同士の繋がりが合ったりするものの、基本的に完全一話完結。
異世界居酒屋とは開始時期も題材も被っているが、この点が大きな違い。
完全一話完結で舞台も変わらないから、悪く言うとワンパターンな展開、
良く言うと安定した作品と言える。

ただ、客が人間だけじゃなく多様な種族だったり、ドラゴンまでもが
客になったりとハッタリが利いてるので、コミック版やアニメのように
映像化すると映えるかも。

10: 名無しさん 2017/02/12(日)14:15:14 ID:DA3
7 三 ヒーローミマン 短編

異世界落語の作者による、現代日本が舞台の短編。ただし、
謎の生物である怪人が日常的に発生する世界観。
ヒロアカやワンパンマンのようにヒーロー産業が確立されている。

その世界では超人的な力を得るヒーロースーツの着用に30分掛かり、
主人公はヒーロー到着までの時間稼ぎを仕事としている。
彼はヒーローではなく、彼の仕事は使命ではなく業務。
ヒーロー未満の一人の男の悲哀を描いた作品。

しかし終盤、事態は急展開して行き・・・
終盤の勢いと臨場感、シメの纏まりは流石と言わざるを得ない。
ワンパンマンの無免ライダーが好きな奴は一度読んどけ。

16: 名無しさん 2017/02/12(日)14:23:16 ID:ahz
>>10
好き
いいよね、これ

18: 名無しさん 2017/02/12(日)14:31:31 ID:DA3
>>16
俺も好きだよ。
特に終盤の展開は前半が溜めになってて、シビレっぱなしだわ。

11: 名無しさん 2017/02/12(日)14:15:45 ID:DA3
8 左 風呂場女神 完結済み 書籍化作品 なろう版は削除

平凡なOLで風呂好きの主人公が、異世界と繋がった風呂場の窓越しに
向こうの人々と様々な交流を行う(というか事件に巻き込まれる)物語。

風呂場の窓のみで繋がっているという、異世界モノでも屈指の閉鎖的な舞台設定。
一話ごとに異世界の異なる場所に繋がり、そこで異世界側の人々の問題に直面して
物々交換を通して問題を解決していく。
それらのエピソードがパズルのピースのように嵌まっていき、
最終話で一つの形と成る構成が秀逸。

単行本丁度一冊で完結と纏まりの良い、「隠れた秀作」と言ったところか。

12: 名無しさん 2017/02/12(日)14:16:59 ID:DA3
9 投 辺境の老騎士 完結済み 書籍化・コミカライズ作品

アッズワースと双璧をなす、なろう産ハイファンタジーの傑作。
財政難に陥った主家を救うため、食い扶持を減らすために引退して
放浪の旅に出た老騎士の物語。

供は老馬が一頭。風の吹くまま宛てのない旅に出て、その土地の人と交流し
風景を楽しみ食事を楽しむ。そうやって死地を探す気楽な旅を続ける中で
大きな時代の流れに飲み込まれていき・・・

非常に淡白で独特の味がある文体と、老騎士の人生哲学・騎士としての
心得といった渋さが、とても良くマッチしている。
また、「愛馬が死んだ時はその肉を食べて血肉として共に生きる」といった、
その世界独特の倫理観や風習など、世界観も綿密に描写されている。

ライトノベルらしからぬ重厚さと完成度が光る名作。
明らかになろうじゃ場違い感ある作品であるにも関わらず
日の目を見ているのは作品そのものの魅力によるものだろう。




13: 名無しさん 2017/02/12(日)14:18:13 ID:DA3
作品ページ

1 右 悪魔のような公爵一家
http://ncode.syosetu.com/n4182cm/

2 一 異世界薬局
http://ncode.syosetu.com/n8541cr/

3 捕 異世界居酒屋のぶ
http://ncode.syosetu.com/n9773bj/

4 遊 異世界落語
http://ncode.syosetu.com/n9574di/

5 二 ティタン ~アッズワースの戦士隊~
http://ncode.syosetu.com/n9209cq/

14: 名無しさん 2017/02/12(日)14:19:20 ID:DA3
6 中 異世界食堂
http://ncode.syosetu.com/n1701bm/

7 三 ヒーローミマン
http://ncode.syosetu.com/n5823cf/

8 左 風呂場女神
削除済みにつき割愛

9 投 辺境の老騎士
http://ncode.syosetu.com/n5011bc/

19: 名無しさん 2017/02/12(日)14:54:34 ID:LZH
取り敢えずヒーローミマンと辺境の老騎士は読んで損はないぞ。
老騎士も最初の方は短いエピソードなんで、読んでみて合いそうなら読み進めると良い。

20: 名無しさん 2017/02/13(月)00:15:09 ID:QXb
老騎士はコミカライズ版がかなりコミカルに描かれてるな

21: 名無しさん 2017/02/13(月)03:56:40 ID:pTE
謙虚と人狼とOSOと用務員さん好き

23: 名無しさん 2017/02/13(月)04:39:28 ID:Sdd
>>1
1.4.5.7は聞いたこと無いわ
ランキングでも見ないしポイントどんなもんなん

24: 名無しさん 2017/02/13(月)06:22:45 ID:QXb
>>23
1は5万ポイント。
4はちょっと複雑で、書籍化の折に作者がテンパって一度消したっていう経緯がある。消される前で1万強のポイントだった。
5は26000ポイント。
7は2000ポイント。一話のみの短編だから低めだな。

ちなみに4は書籍化の際に現役の噺家「柳家喬太郎」が監修について、新聞に広告乗ったっていうエピソードもある。

26: 名無しさん 2017/02/13(月)19:51:19 ID:Sdd
>>24
サンクス

25: 名無しさん 2017/02/13(月)08:00:34 ID:IaE
>>23
むしろ風呂場女神知ってるのが珍しいな。
この中じゃ一番マイナーだと思ったが。

26: 名無しさん 2017/02/13(月)19:51:19 ID:Sdd
>>25
はてなアンテナ - Web小説のアンテナ って所にたまにチェックに行くんだが
合わない作品もあるけど、趣味が合う作品もけっこうあってだいたい一度はチェックしちゃうんだが
そこに風呂場女神を知った

最近読んでないけど
たしか風呂場の窓が異世界に通じて色々物々交換する話だよな

27: 名無しさん 2017/02/13(月)20:15:16 ID:Tel
食堂とのぶは好き

引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1486875931/








関連記事
スポンサーサイト

Keyword : 小説家になろう

コメント

非公開コメント

No title

ゴミの山から一つまみのお宝を探すのが大変すぎるから、こういうのは助かる。

No title

ティタンはいいぞ
部下達を鍛える時に「反吐はくまで走らせる」のが第一、という真っ当な作品
書籍化の際にティタンが細面の美形に描かれてたのがほんともったいない
あれはもっとごつい、ラグビー選手みたいなマッチョに描くべきだった
そもそも、盾かまえた集団が突撃する「押せぇぇぇぇぇぇぇ!」が必殺の戦法なんて作品、なろうじゃまずない

二次創作を許容してたころが好きでした(半ギレ)

trionfo

FC2ブログへようこそ!